白い月と紅い月(WhiteMoon&RedMoon)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宵闇葬(リメイク版)第1話
リメイク版というか全くの新品ですw

多少残酷描写ありです。ご注意を
暗闇に二つの足音が響く。
その暗闇の中から光る蝶が2羽。
「本当にここで合ってるのですか?」
おっとりとした女性の声が響く。
「ここの洞窟で“あいつ”の声を聞いたという情報が複数あったとの話だ」
今度はノイズかかった男の声が響く。
「今回も居なかったら面倒ですね…」
二人の人物はある所で立ち止まった。
一見してみればただの暗闇だが、蝶が先を行くと所々に柱のような物が見えた。
女性は蝶をさらに5羽程放つと全体が薄く照らされた。
沢山の木々が縦横無尽に倒れている中、その中央に二本の大木が天井に向かって伸びていた。
対の大木から縄のような物が真ん中に向かって伸びていた。
「…合っていたようね」
女性が少し緊張の混じった口調で言った。
木の中央には小さな影。
女性は蝶で縄を切った。
「ドサッ」という音と共に影が木々の上に落下した。
二人は歩み寄ると影に向かって手を伸ばした。
影を仰向けに寝かす。
その瞬間、影が突如動き出した。
影は素早く二人から離れる。
「グッ…」
影は少し呻くと赤い液体を吐いた。

第2話に続く

【あとがき】
うわ!中途半端!
なんて思ったでしょう?仕方ないね(おい
改めまして、初めての方は初めまして、それ以外の方はどうも白鬼紅月と申します。
最初は「短めにしよう」とは思ったのですが、切り所が見つからなくて中途半端になってしまいましたorz
分かる人にはわかる二人の人物です。
次回はいつになる事やら…。
まあ、所詮気まぐれ更新なので暇だったりするとすぐ次が来ますが、暇じゃなかったりすると遅くなったりします。その辺は多めに見て下さい。
感想とかはコメントでしてくれると有り難いです。
では、また
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。