白い月と紅い月(WhiteMoon&RedMoon)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
けんぷファー
の小説をやっと読み終わった。

この作品は本当に素晴らしかった。

まあ、私が小説を書き始めたのもこの本のおかげだったり。それぐらい影響を受けています。

けんぷファーの小説は2010年の4月で最終巻だったけど、私がけんぷファーに出会ったのは2010年の9月だったかな。もうちょっと早ければと今更後悔。

実は百合好きになったのもけんぷファーが原因(

私程度の煩悩では上手くまとめる事も説明する事も出来ないが、これだけは言える。

「臓物アニマル可愛い」

と(
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。