白い月と紅い月(WhiteMoon&RedMoon)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
変数について(忘却しないためにw)
―変数について―

要するに魔法の壺のような物


例えば「var(○○)」なら「○○」の所に番号を入れる

その時、必ず↓のステートを入れる

[State XX」
type = varset
trigger1 = △△
v = 0
value = 1;ここでONとOFFの切り替え。1ならON

そして「var(○○)」を使うステートに

trigger□ = var(○○)

と入れる


また、varを次のラウンドに持ち越すには

IntPersistIndex = ☆☆;持ち越すvarの番号
FloatPersistIndex = ◎◎;持ち越すfvarの番号

と入力する



適当なまとめ方ですが、ざっとこんなものでしょうかね。
参考になれば幸いですw
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
varには0と1(オフかオンか)以外にも任意の整数を保存できるので、時間計測や試合情報の保存にも使えます


複雑な計算を要するときの代入に使えます

2012/11/05(月) 02:31:41 | URL | bySilverstar (#-) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。